« いざ、武道館。 | Main | シャッフルで通勤中 »

2005.06.07

希美が好きだからよ!!  松浦亜弥キャプテン公演 ハロ☆プロ パーティー 2005 in 草加市民文化会館(夜公演)

「松浦亜弥キャプテン公演 ハロ☆プロ パーティー 2005」を観るため
5月22日に草加市民文化会館まで行ってきました。
このツアーはメンツ的にもとても面白そうだな、と思っていたのですが
いかんせん、首都圏での公演がほとんどありません。
多分、この草加が一番都内から近い会場です。
草加市民文化会館は、本当に地元の市民会館って感じでなんだかノスタルジックな感じです。
2階席は存在せず、ファミリー席は1階後方のPA卓の後ろに作られていたみたいです。
良い具合に傾斜がついているので、多分どの席からも見やすかったんじゃないかなと思います。
私は14列目で見ていましたが、都内のホールの14列目よりも明らかに近い感じがしました。
センターブロックのほぼど真ん中の席だったのも大きかったかもしれませんが。
ののサイド、あいぼんサイドとかありますけど
やっぱり真ん中に立ってることって結構多いですから。


キャプテン公演という試みは、ハロー!の中でも初めてで
観にいく前はどんな感じかなーとドキドキしていたんですが、
キャプテン(座長)として松浦亜弥というしっかりとした柱を立てたおかげか
非常に居心地の良いコンサートになったのではないかと思います。
松浦キャプテン、W、メロン記念日、という個性豊かなユニットが揃っている訳ですが
この公演では基本的には「松浦さん」が、しっかりと真ん中で支えてる感が強くありました。
MCの仕切りを松浦さんがしてたからっていうのも理由かと思います。
それに、なんだかものすごく松浦さんが楽しそうなんですよ。
「キャプテンの松浦亜弥」というのをすごく楽しんでる感じがしました。

W(というより「辻加護」という感じでしたが)は、娘。時代のような華を沿える存在で。
去年の紅白での娘。との共演や、EPSONのCMもそうなのですが
真ん中に誰かがいて、その脇に辻加護がいるという風景はとてもしっくりきます。
それはWという存在とはまた違った感じがするのですけど、
なんだか素敵なトライアングルが形成されるんですよねー。
真ん中に芯があることによって、辻加護がすごくナチュラルに楽しめている
そんな素敵な空間が出来るように思います。

さてさて。
肝心のHPPの内容ですが。

私やののヲタにとって悲願の(!)
辻希美ソロ!(「ね~え?」)があったことが、やっぱり一番大きかった。
たとえ、自分の持ち歌でなくても。
決して小さくはないステージで、

「辻希美が一人で歌っている」。

こんな光景をこんな早く見られる日がくるとは思っていませんでしたので。

ののの歌う「ね~え?」は
破壊力ありすぎて死ぬかと思いましたが
「希美が好きだかーらよー」と、思い切り叫ぶことが出来るこの幸せ。
また、ののが嬉しそうなのよ、本当に。
ああああああ、のの、本当に大きくなったねー。
たった一人でちゃんと、辻希美の魅力を発散させてました。
ホント、クラクラしました。感激しすぎて。幸せすぎて。


この時の、ののの衣装はピンクのタンクトップ&ホットパンツで
いろんなトコにリボンがくっついててメチャキャワでした。
よく見るとホットパンツに白い字で「の」って書いてあって
それがいかにも「のの」らしくってとってもほほえましかった。
ののが間奏のトコで振りに「欽ちゃん走り」とか
「あるある探検隊!」とか入れてて、それもののたんらしくて面白かった。


あとは、色々と思ったことを。(思い出し書きなので順番メチャクチャです)

・「ブギートレイン’03」 /加護亜依

あいぼんのブギトレは美貴ちゃんがブギトレの時に
着てたのによく似てる感じの水色の衣装でした。
ステージの最上部で、あいぼんが歌い始めるので
あいぼんに見下ろされながらこっちは見てる訳ですが、
もう、本当にいちいち全ての所作が可愛くて。ああー、もう、あいぼん!!
もう、めちゃくちゃに可愛かったです。
だって、あいぼんがもじもじ♪とかブリブリ♪の振りをやるんですよ、
ブギウギチューチューのトコもやばい可愛らしさだった・・・あいぼ~~ん。
直後のMCであややが「ホント、可愛すぎ!」と言ってたけど
異論の余地なし。


・「ロボキッス」 /Wwithあやや
3人でやるとかってどうなるかと思ったんですが面白かったです。
間奏の部分で辻加護があややにセクハラしまくりでしたが(苦笑。
なんかねー、先ほども書きましたが
ののとあいぼんは二人でいるとしっかりWなんですけど、
他の人が間に入ると「辻・加護」って感じになっちゃうんです。
間に入る人がお姉さんであればあるほど。
だから、思ったよりも拒否反応なんてなかったです。
何より、3人がめちゃくちゃ楽しそうなんですから。


・「桃色の片思い」 /あややwithW
指差しの振りのところで客席のヲタよりもジャンプしながら
指差しを繰り返して、客席を煽りまくるののたんがステキでたまりませんでした。
もうね、あややと一緒にこの歌を歌うことが楽しそうでたまらないの、ののってば。
ああ、もう松浦さん羨ましすぎ。ていうか辻さん、あやや好きすぎだよー。


・「デコボコセブンティーン」 /W
デコボコかっちょよかったよ、振りも。演出も。
サビの部分の振りはちょっとセクシーでした。
久しぶりに「カッチョイイ辻希美」が見られて大満足!
この歌、ライブ栄えするなー。

・「抱いてHOLD ON ME!」 /辻・松・斎・村
村田さんの「ねぇ、笑って」とか。ステキすぎ。
歌える人が歌うDHOMは良い。ラスト前サビの
フェイクをあややが入れててめちゃカッコよかった。

・「あなたなしでは生きていけない」/加・大・柴
衣装が微エロだったんだけど、正直「ね~え?」のすぐ後で
ほとんど記憶にないんですが。
でも、めちゃくちゃCOOLな感じになってました。

・「浮気なハニーパイ」 /メロン・W(・あやや)
途中でごまコンのようなユニットごとのダンス対決(?)あり。
ののたんの高速ハニパイがステキでした。かっこよかったー。

・「LOVEマシーン」 /全員
「み・だ・ら~♪」のパートはハロコンに続き、斎藤さんな訳ですが、
ここの斎藤さんは異様に気合が入ってて相変わらず素敵過ぎます。
みだらすぎ!

・「ドッキドキLOVEメール」(アカペラVersion)
/あやや・メロン・W
途中であややが午後ティーの歌を即興で入れてすごいかっこよかったぁ。
(アディアディ ダバディダッディ・・・ ♪とかそんなんあったじゃん?)

それから、今回衣装替えがすごく多くてめちゃくちゃ目の保養になりました。
ふわっとした私服っぽいワンピとかもあったし、
チアっぽい衣装もあったし、6種類はあったと思う。
あ。ちなみにあややの衣装は「ごっちんかよ?!」と思うくらい
露出度が高いのが多かったです。
早着替えも何回かあって、しかも舞台上でやる早着替えが2回もありました。
衣装が多いっていうのはそれだけで嬉しくなります。
衣装少ないのはがっかりするんで、これからもよろしくお願いします。ホントに・・・。
(ステージ脇に引っ込んだら、いつも衣装変えてほしいくらいなんです)


まだまだいろんなことがあったんだけど
とりあえずそんな感じで。(私には)幸せすぎる110分でした。
久しぶりに末っ子属性爆発!な、ののたんも沢山見られましたし。


・・・まあ、正直セットと春亜弥コンの使いまわしだし
あややとメロンの楽曲はそのツアーと変わり映えしないし、で
面白くないと思われる方も多いかと思いますが。
それでも、あややがキャプテンとして加わった「ロボキッス」「肉体は正直なエロス」は
多分キャプテンコンでしか見られないだろうと思いますし、
この2つは、それぞれ単独のものとはまた別の魅力があって
すごく面白く仕上がっていたと思います。

秋もこの3組でまわることが決定したようですね。
正直、ソロコンがないのは(Wもメロンも)残念ですが
この3組が起こす化学反応をもうちょっと見てみたい気分でもあります。

秋のツアーで今回感じた以上の興奮を味わえることを期待してます。

|

« いざ、武道館。 | Main | シャッフルで通勤中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20646/4448442

Listed below are links to weblogs that reference 希美が好きだからよ!!  松浦亜弥キャプテン公演 ハロ☆プロ パーティー 2005 in 草加市民文化会館(夜公演):

» キャプテン [マンガの知識館]
キャプテンキャプテン(Captain)#電話回線を通じて文字や画像を送受信する方式の名称。キャプテンシステムを参照のこと。艦船もしくは宇宙船の船長。アメリカ軍やイギリス軍の階級。大尉に相当する。スポーツなどのチームにおけるリーダー役のこと。*但し、柔道・剣道等の武道において、又チームによっては主将(...... [Read More]

Tracked on 2005.06.07 at 12:32 PM

« いざ、武道館。 | Main | シャッフルで通勤中 »