« 踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らにゃ損。 | Main | あややベストアルバムに投票してみました。 »

2005.01.24

Hello! Project 2005 Winter ~A HAPPY NEW POWER! 紅組/白組 ~

という訳で、1月6日にハロコン紅白歌合戦、見てまいりました。
遅くなりましたが、レポ書いてみました。(またすごく長くなりました)


紅組公演はe+の当日受け取りを利用したのですが、1階22列のどセンターでした。
傾斜もついてるし、そこそこ見易かったです。

白組公演は、2階3列、親子席の真後ろ。
中野のこの位置は前も経験がある(04年06月のメロンのボーナス!公演)のですが
視界が広くて大変よいです。
私の前の親子席には、残念ながら親子はいなかったので(笑)
思い切りはじけて楽しんできました。
※余談ですが、紅組を見てる時には、周りに親子連れが何組か来てました。
 

紅・01.でっかい宇宙に愛がある / 全員
紅・02.ザ☆ピ~ス / 全員
紅・03.Yeah!めっちゃホリディ / 全員

白・01.でっかい宇宙に愛がある / 全員
白・02.ザ☆ピ~ス / 全員
白・03.Yeah!めっちゃホリディ / 全員

紅白ともに、全員でのステージでスタート。
・・・正直、「でっかい」は流石に飽きてきたような気がします・・・。
Wスタンバイでも聞いたしなぁ。

ただ、全員が全員ユニゾンで歌う訳ではなく、
各ユニットごとに歌っていたようでした。
紅組を見た時には感じなかったのですけれど、
白組を見た時には、人少ないなーと思いました。
今までの「ハロコン」といえば、めちゃくちゃ人数多いって感じでしたから。
紅組と比べても少ないですから、何だかステージ上が広々として見えました。

3曲目の「Yeah!めっちゃホリディ」の途中から
4曲目を歌う美勇伝(紅)、W(だぶるゆー・白)はステージからアウト。
って、言っても実際に気がついたのは白組の時だけ。
紅組やっぱり人数多すぎですわぁ。
3人いなくなった位では気がつきませんて。


紅・04.恋のヌケガラ / 美勇伝
白・04.ロボキッス / W

ここで持ち歌枠その1。
紅組は美勇伝、白組はW(だぶるゆー)。

ロボキッス大好き♪
無駄にテンションが上がってしまう。
将来、この曲もW(だぶるゆー)以外の誰かが歌うことがあるのだろうか?
・・・うーん、流石に想像がつきません。

紅・05.晴れ 雨 のち スキ / 飯田・藤本・大谷・斉藤
白・05.晴れ 雨 のち スキ / 中澤・保田・後藤・前田

こっから、本格的に歌合戦がスタートです。
紅白ともに、実力は揃いで、「晴れ 雨 のち スキ」を、まさに「聞かせる」という感じ。


紅・06.恋をしちゃいました! / 紺野・小川・柴田・村田
白・06.恋をしちゃいました! / 辻・熊井・夏焼・須藤

紅組は、タンポポな2人(紺野・柴田)がとても嬉しそうに歌ってました。
ここで、おっ!と思ったのが、麻琴の可愛らしさなんですよねー。
振り・笑顔ともに、ばっちりだったんですよ。
それから、村田さんのダンスはやっぱり大好きだぁ~と思いました。

白組は、ののたんに尽きますね。
すみません、正直、ののたんしか見てなかったんで
他の3人は記憶に残ってません。
嬉しそうに歌うののたん、嬉しそうに踊るののたん。
ののたんが歌う「恋をしちゃいまいした!」を聞くことが出来る日が来るなんて。
・・・良かったね、ののたん。


紅・07.ミニモニ。ジャンケンぴょん! / 新垣・田中・矢島・中島
白・07.ミニモニ。ジャンケンぴょん! / 嗣永・菅谷・清水・石村

続いては、ミニモニ。
紅組は、ガキさんとれーながキッズ矢島&中島に混じって
衣装もミニモニ。そのもので踊るわけですが・・・。
ガキさん、れーな、すげー可愛い!!
特にガキさんが、キラキラしてました。きゃわいーよー。
矢島さんが一番大人っぽかったかな。ダンスがきびきびしてました。

白組はBerryz4人で。
Wスタンバイ!の時の「辻モニ。」は、のの+りしゃこ、舞波、雅だったので
のの&雅 out で、桃子、キャプテン in。
悪い意味ではないのですが、学芸会っぽかったです。
主に、彼女たちの体の線の細さがそう感じさせたのだと思うのですが
ミニモニ。全盛の頃にはこういう少女たちが沢山いたんだろうなぁ、と思いました。
舞波のダンスがWスタンバイ!の時より上手くなってたよ。


紅・08.愛の園~Touch My Heart!~ / 吉澤・岡田
白・08.愛の園~Touch My Heart!~ / 後藤・アヤカ

おとめ組のナンバーを。
紅組の、よすぃこ+唯ちゃんという組み合わせはビックリですね。
よすぃこが、ひたすらカッコイイ。ステキ。
「今」のよすぃこが歌うからこそカッコイイんだろうなぁ、とちょっと思う。
唯ちゃんが、美勇伝以外で歌ってるの見るのほぼ初めてじゃないですか。
(H.P.A.Sは個性まで分からないし)
唯ちゃん、やっぱり結構歌える人ですね。
ほんわりした天然系の雰囲気の唯ちゃんですけど、カッコイイ系もイケルな、と。
声の伸び方が好きな感じの歌声でした。

そして、白組。
後藤さんのダンスのキレの素晴らしさが圧巻でした。
「愛の園」のダンスって結構好きなんですよ。特に間奏のところのカクカクしたとことか。
そこの後藤さんが素晴らしいのなんのって。
ごっちん、かっこよすぎー。

紅・09.赤い日記帳 / 高橋・道重・里田・鈴木
白・09.赤い日記帳 / 保田・辻・稲葉・熊井

なつかしの赤組4。
紅組のごっちんパートは初日は愛理だったようですが、
私が見た公演では愛ちゃんでした。
ちょっと愛理メインの「赤い日記帳」を聞いてみたかったですが
高橋さんが歌い上げるこの曲も素晴らしかったです。
歌っている時の高橋さんは相変わらず素晴らしい。

白組。
ごっちんパートはのの。
圭ちゃんや稲葉さんを引き連れて歌うののは、もう素晴らしくステキな光景で。
透き通ったののの声が、会場に響くのをただただ棒立ちで聞いておりました。
感激しすぎて、言葉があまり出てきません。

この「あ~」「い~」「が~」のところの、
スクリーンを使った演出は好き。


紅・10.桃色片想い / 紺野→石川
白・10.桃色片想い / 夏焼→稲葉

物議をかもし出した(?)「桃色片思い」。
紺野さんは可愛らしかったですー、ぽわわん。
「紺野がいくよ!」にはヤラレました。
石川さんは貫禄十分。

白は雅→稲葉さんというリレーで。
正直、雅のこと覚えてないや。
罰ゲームとも思えるような、稲葉さんのソロで
全て吹き飛びました。
・・・やりきる、ってコトは素晴らしいことだと思います。
あの振りをやりきった、稲葉さんに感服。

紅・11.恋のテレフォン GOAL / 石川→亀井
白・11.恋のテレフォン GOAL / 加護

ぴろりん対決。
キャメイさんもあいぼんもえらく可愛かった!!

紅・12.原色GAL 派手に行くべ! / 亀井→松浦
紅・13.渡良瀬橋 / 松浦
白・12.原色GAL 派手に行くべ! / 後藤
白・13.渡良瀬橋 / 後藤

あややとごっちんのソロ対決。
原色GALは、ごっちんの「煽り」に慣れているせいか、
あややが煽ってくれないんでちと淋しかったです。
なので、夜にごっちんのいつものように煽られた時には
変に安心しました(笑)。
やっぱり、あの曲はごっちんと一緒に「派手にいくべ!」と叫ぶ歌なんだ。うん。

「渡良瀬橋」も、二人の個性が出てて面白かったですねー。
ごっちんの方が、より、原曲(森高千里版)に近いかな、と思いました。
モニターで流れる「渡良瀬橋」(多分)の夕景がキレイでした。

紅・14.モーニングコーヒー / 飯田・斉藤・あさみ・みうな・梅田
白・14.モーニングコーヒー / 中澤・保田・稲葉・アヤカ・菅谷

・・・ゴメンナサイ。
紅組の「モーニングコーヒー」だけ、ちょっと釈然としないものを感じてしまいました。
飯田さんがバックで歌ってるのに、メインがみうな。
だからと言って飯田さんがメインで歌っていたら私は満足したのだろうか、と考えると
それも違う気もするのです。
じゃあ、飯田さんがこのメンバーに入っていなかったら?
そしたら、何で飯田さんに歌わせないんだ!と思ったであろう自分がいたりするのです。

でも。
例えば、5期の4人を従えて歌う飯田さん、とかを想像すると
それは何だかすごくイイモノなような気もしたりするのです、

モーニング娘。ってやっぱりハロプロの中で
特別な存在であって欲しいんです。
モーニング娘。であるコだけが、歌い継いでいける歌があってもいいんじゃないかな、と。
出来れば、それが「モーニングコーヒー」であって欲しい。
そういう思いが、心の中にあるんだろうと思います。

何だかんだ言って、「モーニングコーヒー」って
特別な歌なんだ、と改めて思いました。

あ、みうなはニコニコと嬉しそうに歌ってて
それはそれで、幸せな気分にさせてくれたんですよ?

で。白組の「モーニングコーヒー」。
これは、メインで歌う圭ちゃんがステキでした。
白組では、紅組で感じたような「もやもや感」は、ちっとも感じなかった。
これは、自分でも不思議だなぁ、と思うところで。

白組は娘。の卒業メンバー中心の構成で、
ある意味「既に娘。の枠から放たれた人達」の集まりだからかな、とちょっと思います。
既に、娘。を過去のものとしてる圭ちゃんや裕ちゃんだから、
色々考えずに、ただ歌声を楽しめたのかな、と。


紅・15.FIRST KISS / 田中・松浦・鈴木
白・15.FIRST KISS / 辻・前田・夏焼

紅。
あぁ!の変形版。
あややを従えて歌い上げる愛理を見られるとは思いませんでした。
そして、今年も愛理の「FIRST KISS」を聞くことが出来るなんて思っていなかったので、
もう、めちゃくちゃ嬉しかったです。
愛理のダンスはまだまだ、直線的なんですよねー。
(絶対的に、体が小さいから仕方がないのですけど)
あややや、れーなが出せるような柔らかな動きが、まだ、出せない。
あー。愛理、早くもっと大人になってくれ。

白。
ののたん!!
実際、私は愛理嬢に心を惹かれる前から、この「FIRST KISS」という歌は大好きなのです。
特に「どらーいぶしぃたりー♪」ってとこのメロディーラインが大好きで。
そのフレーズを歌い上げる、希美さんを見ることが出来る、この感激。

あと、ゆきどんの歌が上手すぎて、鳥肌が立ったのはこの歌です。はい。


紅・16.ちょこっとLOVE / 矢口・藤本・三好
白・16.ちょこっとLOVE / 加護・徳永・清水

紅。
みーよがいちーちゃんのようだった。
ただ、声はちと硬いなぁ。
やぐちさんの、人一倍大きく動くダンスはこの歌で一番発揮されてました。
やぐたんが、プッチモニ。を歌う日が来るなんて、ねぇ・・・。
・・・袖で、やぐたんのことを、圭ちゃんとごっちんが観察してたのではないかと妄想。
(※ごっちんがMCで、紅の公演の時も袖で見てたりすると言ってたので)

白。
この公演のあいぼんさんは、すごく楽しそうです。
千奈美のスマイルが炸裂してました。


紅・17.幸せですか? / 飯田・吉澤・高橋・柴田・村田・大谷・里田・みうな
白・17.幸せですか? / 中澤・後藤・辻・アヤカ・須藤・菅谷

この歌、最後の辺りで「幸せ?」って台詞があるじゃないですか。
紅はそれを村田さんが言ったんですけどね、振り返り様の流し目で「幸せ?」と
切なそうな表情で言うんですよ。
くはぁぁ。
あれ、近くで見たら、多分、心臓がバクバクしすぎて死んでしまうかもしれない。
村田さんの美人度がMAXになってた瞬間でした。村田さぁぁん!
・・・実は、私は村田さんの外見が、もう、むちゃくちゃ好みなのです。はい。

んで、白はこの台詞を菅谷梨紗子嬢が言うのですけれど
すごく無邪気な「幸せ?」なんですよ。
これは、これですごかった。びっくりした。ちょっと吸い込まれそうになった。
きっとなーんも考えないで言ったんだろうけど、10歳(だっけ?)のコなんかに
こんな台詞を言わせたスタッフは危険です。

紅・18.チュッ!夏パーティ / 小川・道重・村上
白・18.チュッ!夏パーティ / 熊井・嗣永・徳永

ぴろりん・桃片に並ぶ、萌え萌えどころ(多分)。
麻琴は「恋しちゃ」でも書きましたが、アイドルソングが実は合うんだってことを
ここで、確信。エライ可愛らしさだった。

桃子さんは反則でしょう。
やらされてる感の溢れる熊井嬢に苦笑。
千奈美は、いつも以上の溢れる笑顔で。

紅・19.壊れない愛が欲しいの / 矢口・石川・新垣・藤本・田中・松浦・あさみ
白・19.壊れない愛が欲しいの / 保田・加護・前田・稲葉・夏焼・清水・石村

紅。
美貴様の腰付きに尽きます(笑。
石川さんの腰は言うまでもなく、奇跡的なグラインドを見せ付けていたのですが
ステージ上で、目を見張ったのが美貴様の腰付きだったのですよ。
「あれ、石川さんよりもスゴイ腰の人がいるよ?・・・み、美貴様ぁぁぁ?!」
・・・と、度肝を抜かれたのです。
石川さんの腰、といえば。言わずと知れた「奇跡の腰」。
それよりもすごい腰付きを、明らかにこのときの美貴様は
観客に見せ付けてました。
・・・まあ、松浦さんが一緒にいたから、そういう効果もあったのかもしれませんけど。

あと、この歌は、ガキさんラップがないと!と改めて思いました。
この歌のガキさんのラップ大好き!

白。
ゆきどんの歌唱力がここでも明らかに。
演歌畑の人が、ポップスを歌うと、変なクセ(コブシとかね)が入るものですが、
ゆきどんは、キレイに歌い上げるんですよね、ちょっと、ホントすごかったです。
正直、Berryzの面々はほとんど印象に残ってません。
うーん、この面子の中では目立たないよなぁ。
・・・あ。でも、舞波のテキトーダンスは覚えてる(笑。
すばらしいジャンプやキレを見せていた、稲葉さんの横で
えらくテキトーだった舞波をね・・・。でも、舞波はそれで面白いからよいと思います。


紅・20.恋愛レボリューション21 / 飯田・吉澤・高橋・紺野・小川・道重・柴田・大谷・斉藤・里田・三好・村上・鈴木
白・20.恋愛レボリューション21 / 中澤・後藤・辻・アヤカ・嗣永・徳永・須藤・菅谷

白組の
のの「この星は~」
ごっちん「美しい~」
・・・に、尽きます。

紅組の記憶がどうにもよみがえりません。
ののごま2TOPが見られる日が来るなんて思いませんでした。
ホント、めちゃくちゃ感動しました。・・・観に来て良かった!!と
心から思えました。
あと、気合入れてダンス踊ってる裕ちゃんが、やっぱり大好きです。

紅・21.ピリリと行こう! 矢口・石川・新垣・藤本・亀井・田中・松浦・村田・みうな・あさみ・岡田・梅田・中島
白・21.ピリリと行こう! / 保田・加護・稲葉・前田・清水・石村・熊井・夏焼

紅白共に、大人の歌声で聞く「ピリリ」は、すごくノリやすくて
大変楽しめました。
久しぶりだったんだけど、結構振りって覚えてるもんですねぇ。
圭ちゃんやら、稲葉さんがすごく楽しそうだった。


紅・22.LOVEマシーン / 全員
白・22.LOVEマシーン / 全員

紅。
斉藤さんが素晴らしかったです。
「でぃあぁぁ~~」から「みだら~~」まで。
なんというか「自分に与えられたパートをこなす」のは当たり前なのですが
だって、この面子でこれをこなせて、自分の色に染められるのって
やっぱり斉藤さんだけですよね。
自分で奪い取って、
更にそこをきっちりこなす、ギラギラした「自己主張」を感じました。
・・・こういうのが見られると、このハロコンの形式もいいよなぁ、と思えます。
メロンの曲がセットリストに使われなかったことで、
不満の声もあるかもしれませんが、
それでも、メロンの面子の使われ方は悪かったとは思いませんし、
この曲の斉藤さんの様に、きっちり存在感を示すことが出来ているのを見れば
安心感と期待感を感じることが出来ると思うのです。


紅・23.ここにいるぜぇ! / 全員
紅・24.手を握って歩きたい / 全員
白・23.ここにいるぜぇ! / 全員
白・24.手を握って歩きたい / 全員

紅組の「手を握って」のカオリのパートで
不覚にも感涙しそうになりました。
白組の「ここいる」は、裕ちゃんに尽きるかな。おつかれさま!!


で。本編はここまでなんですけど。
紅組のアンコールの時にちょっとびっくりしちゃいました。
・・・すごく、アンコールの声が小さくて。
え、え?ハロコンてこんなにアンコール小さいんだっけ?
こんなに小さいアンコールで、ちゃんと出て来てくれるの?って心配になっちゃいました。

白組のほうは、スケジュールが押してたのか何だか知りませんけど
アンコールなしに、すぐにまことさんが出て来てMC始めました。
余韻も何もあったもんじゃないです・・・。
しかも、次に出てくるの、紅組みの娘。ですからね。
何とも微妙な空気が漂ってました。ここの構成はもう少しどうにかならんかったんでしょうか?


紅・25. THE マンパワー!!! / モーニング娘。
白・25. THE マンパワー!!! / モーニング娘。

という訳で、「THE マンパワー!!!」初聴でした。
なんか、よく分からない迫力みたいのを感じました。
・・・気がついた時には、引き込まれる、というか。力の渦みたいな。
娘。ならでは、の。群舞で魅せる振り付けも気に入りました。


紅・26.ALL FOR ONE & ONE FOR ALL / 紅白全員
白・26.ALL FOR ONE & ONE FOR ALL / 紅白全員

そして、ラストは全員そろって「あーるふぉー」。
紅組公演では、ここで初めてののたんが登場する訳ですが、
なんというか、浮気を見つかったような気持ちになりました(謎。
基本的に、ののが出てるステージってのは、私はののしか見てない、見えないんですけど
紅組公演では(当然)他のコばっかり見てる訳で、
すごく楽しんじゃってたんですけど、
ののを一目見た瞬間に、
「あぁぁぁ!のの!ゴメン!やっぱりののが一番好きです!」と
すごく思っちゃったんですよ。キモイですか、そうですか。

まあ、ものすごくDDなんですけど、
やっぱり、ののが大好きってのを改めて自覚させられた感じです。

中野のステージでは、どうかな、と思ってたんですけど、
所狭しとメンバーが並ぶ様は壮観でした。
やっぱりすごく楽しかったです。
ハロコンに来たんだなぁ、と実感。ハロプロ大好き♪

という訳ですごく遅いし、すごく長くなりましたが
非常に自己満足ですが、
横アリに行く前に、これを書いておきたかったので
やっと心の支えが取れました(笑。

横アリ・・・カオリの卒業までもう1週間。
ステキなステージになりますように。

|

« 踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らにゃ損。 | Main | あややベストアルバムに投票してみました。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20646/2686186

Listed below are links to weblogs that reference Hello! Project 2005 Winter ~A HAPPY NEW POWER! 紅組/白組 ~:

« 踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らにゃ損。 | Main | あややベストアルバムに投票してみました。 »