« つんく♂のモーニング。娘ぬき Vol.50 | Main | 紺野あさ美ファースト写真集 »

2004.08.21

Wスタンバイ!で、Berryz工房について考えてみた。

さて、ちょっと時間が経ってしまいましたが、
こちらでは意図的にBerryz工房については触れませんでした。

えーっと。多少のネタバレありますので。一応ご注意くださいませ。


やっぱり、ののヲタですし、
W(だぶるゆー)のソロツアーを期待しちゃっていた、というのがあるので
言葉にし難い、多少のもやもやをもってた訳ですよ。
んで、私の中での妥協点として、
W(だぶるゆー)部分と、Berryzさんの部分を完全に分離するという意識で観に行った、という感じなのです。
(そういう意味では、前半Berryz中心、後半W中心というセットリストの組立ては良かったと言えます)

そーゆー訳で、感想も別なのです。

観に行ったのは、大宮・夜、神奈川・昼、神奈川・夜の3公演。

まずは大宮。

2階10列で見たのですが、
その前の席は全て親子席の為、大変見やすかったです。
が、いかんせん距離が遠い為、ほぼ双眼鏡プレイ(笑。

遠目にも分かるのは、嗣永桃子の愛らしい動きですね。
連番者の後輩君(加護ヲタ)は
「ヤバイ・・・桃子可愛すぎる・・・」と堕ちかけてましたし。
桃子は凄いですね、大宮でハッキリ分かりました。
ダンスや、MC時の動き一つ一つが、段違いに、可愛い。
うーん、感心しました。
乱暴に見えるような、雑な動作がないんですよねぇ。

ちょっとした動作って言うのは、ひとつひとつは印象に残らなくても、
全体として見た時のイメージを形成するんですよね。
だから、桃子の動作の細かいところの印象はなくっても、
見終わった後「可愛かった」という印象が残る筈です。
ホント・・・末恐ろしいなぁ(笑。

桃子とは真逆の印象だったのが、石村舞波ちゃん。
ダンス、苦手なんだねぇ。
一生懸命振りをトレースしようとしてるのが
凄い伝わってくるんだけど、
止めの動作が入らないので、雑な感じになってしまう。
新曲の「ハピネス」では、特にそういう印象を受けました。
・・・しかし、私は個性的なダンスをする人も大好きなので、
(かおりんやら、メロン村田さんのダンスをおっかけてしまう)
何気に舞波ちゃんを追っかけてしまうことが多かったのでした(笑。
一生懸命なのに、ちょっとずれてるって可愛いじゃないですか。


りしゃこ、こと菅谷梨沙子ちゃん。
このコはよく分からんですよ(笑。
抜群に可愛い。もーそりゃ、かわいくて仕方がない。
でも、一番印象に残ってるのが、リズムを取る時足がバタバタなるコってのは
自分でもどうかと思うんですけど。
歌は思ってたよりも歌えてる感じ。
何か、独自の世界観があるのは、何となく、感じる(笑。
それが何か、まだよく分からないんですけどね。
(分かった時は、堕ちる時なのかもしれない・・・笑)


んで、世界のまーさ、須藤茉麻ですよ。
まだまだ、身体的な意味で「子供」ばかりの中に、
一人だけおっきいコが。
茉麻ちゃんは、終始、自信なさげな表情で、
それが、切なそうで、かわいいんだなぁ。
んで、時々、笑うとまた可愛い。

茉麻は、あっという間にどんどん大きくなっちゃった自分の体を
持て余してるみたいな感じなんですよね。
周りちっちゃいコばっかりだもんね。思いっきりやると自分の大きさが
目立っちゃいそうに思ってるのかも。
・・・分かるよ、まあさ。私もデカイからさ。
小学生の高学年くらいはそれがコンプレックスになるよね。

今はそれが自信なさげな表情につながってるのでしょうけど。
えーっと、今のショートカットはちょっと短いかな。
個人的には、もーちょっと、髪の毛長いほうが好み。


では、次に、神奈川・昼公演より。
通称ののサイド(笑)、つまり右サイドの1階5列目。

えー。近くで見るBerryzさん達は、みんな、
ひじょーに可愛らしかったですよ。

(勿論、ののたんはあり得ない可愛らしさでしたけど。
 明らかにレス貰った時、ものすごい幸せになった後、
 こんな可愛い子にこんな近くで微笑みかけられて良いのだろうか、うひゃーとか
 心配になったくらい、ののたんは可愛かったのです。にゃはは)

ユリーナこと熊井友理奈ちゃん。
自己紹介MCをやるのですが、
Berryzさん達は右サイドの階段上で待機し、
各自、ステージ中央でMC、終わったら戻ってくるって感じな訳です。
友理奈ちゃんは、
「熊さん、って呼んでください!」ってMCでやるんですが。
私、光るプーさん持ってたんですよね。
(電気式サイリウムのプーさん版・・・って説明で分かるかな)

で。「くまさーん」ていうので
その光るプーさん持ってるの思い出して、
友理奈ちゃんにブンブン振ってみたら、めちゃめちゃ嬉しそうにしてくれて。
待機位置に戻ってからもニコニコこっちを見てくれたんですね。
・・・・・・そんな風に笑うとめっちゃ可愛いじゃん。

友理奈ちゃんは、写真写りで損をしてる、絶対。

 ※決して、友理奈ちゃん狙いだったとかではなく、ラストに
   くまのぬいぐるみが出てくるので、
  その時振ったらかわいいかなぁ、と思って持ってたのです。

そんな訳で、寸劇(清水・熊井・徳永+W)もがっつり見てたんですよ。
まあ、寸劇のレベルは正直学芸会なんですが、
あらららら、やっぱり友理奈ちゃん笑うとめっちゃくちゃ可愛い。
素の表情の涼やかな目元も美人さんになりそうで良いと思います。

がっついて見ていたせいか、徳永千奈美ちゃんにも
自然に目が行くように。
・・・このコの凄いところは、いつも笑顔を絶やさずにいるところですね。
本当にいつもニコニコしてる。ビックリするくらい優しい笑顔で。
癒し系、というか。
酒井若菜みたいなほんわかした雰囲気になるのではないかな、と思ってます。

熊井・徳永ペアは、明らかに将来美人さんに化けそうな感じ。
勝手にペアにしてますが、この2人が並ぶとバランスが良いんですよね。
これからに期待大。寸劇の様子で見ると結構シッカリとしてる感じですしね。

ラストは、神奈川・夜公演。
この公演では、既に色々なトコロで書かれているように、
「ハピネス」で嗣永桃子が退場してしまい、
更にMC直前に、菅谷梨沙子も姿を消す、というアクシデントがありました。

 ※どうも、昼公演でも一部嗣永桃子は欠場していたようなのですが、
   気がつきませんでした。

まあ、スケジュールがどうのっていうのは
色々なトコロで言われているとおりですが、
正直見てるこっちは辛いです。
こういうスケジュールを組むのであれば、
体調管理、しっかりやってあげてください、としか言えないですよ。
まだまだ、小学生や中学生は自分の体のこと、よく分からないですから。
(それに、自分でもよく「分からなくなる」年齢のコが揃ってるわけですし)

で。ここで私の中でぐいんと印象に残ったのが、
キャプテンこと清水佐紀ちゃんと、
みやび様こと夏焼雅ちゃんですよ。

MCに入る直前に、キャプテンがスタッフに呼ばれて、袖にはけました。
で。そこで一旦はステージの照明が落ちたのですが、
何の手違いか、すぐにもう一度照明が、ステージ上のBerryzさんたちに当たったのです。
どうしてよいか分からずオロオロするBerryzさん達。
そこで、雅ちゃんが「すいません・・・っ!ちょっとお待ちください」と。
ああこのコ、ちゃんと客席の空気が読めてるな、と感心しました。
雅ちゃんエライ!
 ※その後すぐにまた照明は落ちました。
   暗転している間に、客席からは「桃子」コール。

そして、キャプテンが袖に出て来て
「すみません、桃ちゃんが、体調が悪くて・・・」と
説明をしようとするのですが、いっぱいいっぱいで明らかに泣いちゃってます。
それでも、一生懸命MCの進行しようとするキャプテン!
が、しかし。トップバッターを務めるはずの、
りしゃこも、階段にはいない!!
※りしゃこは、キャプテンとほぼ同時に袖にはけていたのですが、
  キャプテンはそれに気がついていなかった(?)
再度、テンパり状態になるキャプテン!!

・・・Berryzの自己紹介MCは、全て台本どおりの台詞で、
みんな、元気だったり、ちょっと面白い感じのことを言ったりするので
それをあの場で聞くのも、結構辛かったです。

自己紹介のラストはキャプテンで、
そこだけ、実は桃子が「ラストはキャプテン!」と繋ぐのですけれど、
その部分を雅ちゃんが、機転を利かせてちゃんとキャプテンに繋いでました。
・・・雅ちゃんエライ!(2回目)

正直、誰がキャプテンにつなぐんだー、だいじょぶかー?と心配してたので
ものすごくホッとしました。

という訳で、このアクシデントの思わぬ副産物として、

雅ちゃん→機転の利くしっかり者。キャプテンをサポート。
佐紀ちゃん→真面目で、まっすぐ。けなげ。

と、しっかり認識しました。

パフォーマンスとしては、雅ちゃんはやっぱり華があります。
キラキラしてる感じ。首をかしげる動作とかがダンスに入ってるとめちゃくちゃ決まりますね。
佐紀ちゃんは、やっぱりいつでも、まっすぐに一生懸命で非常に好感が持てます。優等生。


えーと。これで8人全員かな?
3公演見て、それなりに個性が分かりました。

これからも、Berryzさん達にはすくすくと育ってほしいのですけれど、
皆、本当に可愛いから、そんなに急ぐことないのになーとは思います。
とりあえず、体調管理だけはしっかりしてあげてほしいです。
ホント、自分が観に行ったステージで、メンバーに倒れられたりするのだけは
もう、イヤです。
その後のステージを心から楽しむことが出来なくなっちゃいますので。

|

« つんく♂のモーニング。娘ぬき Vol.50 | Main | 紺野あさ美ファースト写真集 »

Comments

コンサお疲れ様でした。
おいらも仙台公演いくんで、ものすごい楽しみなんですけど
正直ベリ工はどう見たらいいんかなあと
思ってたんですよ。
今回の更新はその点で、とっても親切でしたよ。
一人ひとりの個性が、しっかり描写してあってですね
感情移入度が高まりました。
特に、佐紀ちゃん雅ちゃんのハプニングのところは
それぞれの性格がよく描写されててよかったです。
人間、おこってしまった事態をどう対処できるかで
その人の本質がわかるってもんですが、
この子達はほんとにいい子なんだなと思いました。

熊井ちゃんから爆レスうらやましい・・・
この子は絶対ものすごい美人になるっておいらも
思ってたんだけど、間違いありませんね。(笑)

最後に、おいらも夏コンでやぐっつあんが
倒れて、出てこれなくなるってのを経験したんで
ほんとに体調管理だけはしっかりやってほしいと
事務所には切に思いますね。
いい思い出になりませんので。

長々と失礼しました。

Posted by: しぶ☆。 | 2004.08.21 at 10:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20646/1239792

Listed below are links to weblogs that reference Wスタンバイ!で、Berryz工房について考えてみた。:

« つんく♂のモーニング。娘ぬき Vol.50 | Main | 紺野あさ美ファースト写真集 »